スポンサードリンク

これは私、深澤亮道が福井から岩手までの700Kmを無一文で歩いて帰った物語である。

前回までのあらすじ

もしかすると誤解されている方もいらっしゃるかもしれませんが、この物語は5年前の回想録になります。

リアルタイムではございませんので、その点ご理解の上、読んでいただけたらと思います。

前回は、永平寺から出発して18日目と19日目の途中までの出来事をお伝えしました。

18日目は、鶴岡駅で野宿をした後、19日目新庄市に向けて出発し、途中トラックの運転手から声をかけれられたところまでお伝えしました。

前回の記事は以下から読むことができます。↓

バックナンバーは以下から読むことができます。

【永平寺から無一文で歩いて帰るもん。】

今回は、私が今まで誰にも語らなかった、山形から宮城へどうやっていったのか、その事実をお話ししようと思います。

トラックのお兄さん

19日目 12:00〜

鶴岡市内から続いた国道345号線から、国道47号線に道を切替え、最上川沿いに新庄市内に向かって歩いているところで、トラックの運ちゃんに話しかけられました。

すみません!これからどこ行くんですか!?
この先めっちゃ危ないですよ!?

これから新庄市の方に向かおうと思ってます!

この先本当危ない道が続くんで・・・
まずいいから乗ってください!
話しかけられた道路は、片側1車線の歩道もない道路。
中型トラックが停車すれば必然的に後ろに車が溜まっていく。
私は運転手さんに促されるままに焦って乗り込みました。

ありがとうございます。
本当そのあたりでいいので、安全な場所でおろしていただけますか?

って、言ってもこの先この細い道が結構続くよ?
どうしようかなー。
なんでも運転手さんは、酒田市から仙台市まで仕事で荷物を運んでいる最中なのだとか。
いつもこの道を往復しているそうなのですが、まず人は歩かないらしい。笑
たまたま手前のコンビニで休憩しているところ、私がトコトコ歩いているのを見かけて、ここからどこへいくのか気になったそうです。

まー、普段車を運転してて人に話しかけることないけど、流石にその格好にびっくりして話しかけてしまったよ!笑
どこまで行くの?

と、これまでの経緯と岩手まで歩いて帰ることを伝えたところ・・・

それだったら仙台まで乗っていく?
さすがにこの時期、山の中は雪降るところもあるんじゃないかな?
野宿は危ないと思うけどなー。
え!?雪!?聞いてない!?
と、思いましたが、ここはもう北国です。
そして新庄市のあとは宮城県に向けて奥羽山脈を通ります。
そりゃ、そのくらいの気温になるのか!笑
笑っている場合じゃありません。
私は疲れ切っている脳で必死に考えました。

まー、これも出会ったご縁なのかな。
確かにこの残金でこの先野宿を続けたら、命に関わってきそう・・・
数秒考えた結果・・・
「すみません!お願いします!」
そして、仙台まで乗せてもらうことが決定したのです。
(あーあ、言っちゃった。笑)

ルート変更

「この野郎!ずっと歩きじゃなかったんか!」
と、読者の皆様の中で怒りを覚えている方もいらっしゃるかもしれません。

私も心境は一緒でございます。笑

ただご安心ください。

仙台まで乗せてもらったら単純に歩く距離が短くなる、ラッキー!と考えないのが、私深澤亮道でございます。

現在永平寺から530kmほど歩きました。

ただ、仙台から実家まで歩くとなると、140kmほど。

足すと670kmです。

つまり30km足りません

せめて距離だけは700kmしっかり歩こうと考え、仙台から南に30Kmほど南にある、宮城県の山元町から再出発することを思いついたのです。

ちょっと複雑なので、地図に書き込んでみました!笑

現在地のA点から仙台市のB点まではお兄さんのトラックで移動。

仙台のB点から、何かしらの交通手段でC点の宮城県山元町まで移動。

C点から再び、ゴールまでの200kmの道のりを歩くことを決断しました。

ってなわけで・・・

今までのらりくらりの旅でいきなりの急展開ですが、トラックに揺られて仙台に向かうことになりました

トラック事情

19日目 13:00〜

乗せたの絶対内緒にしてね。
よくトラックでヒッチハイクの旅とかあるじゃん?
あれ、よく許可してるなーと思うよー。
この旅のルールとして、なるべく長い距離車には乗らないと掲げたというのもありますが、今まで誰にも言えなかったのは、お兄さんとの約束があったからです。
当たり前かもしれませんが、トラック運転手は、ほとんどが業務時間内であり、そして会社の所有物であるトラックを運転していることになります。
なので、その道中でトラブルに巻き込まれないようにと会社側も運転手側もとにかく慎重になっており、ヒッチハイカーを乗せないようにという規則を設けられている、会社も多いそうです。

もちろん、今回乗せていただいたお兄さんもまたしかり。

いつも慣れ親しんでいる道だからこそ、この道の怖さを知っており、会社の規則に違反ではありますが、私に声をかけてくれたそうです。

あのー。
こんなに長い距離乗せてもらうの本当に申し訳ないので、これ少しですけれども・・・
少しばかりガソリン代と思い、1000円を差し出すと・・・

いやいやいや!
それもっとダメなやつだから!笑
実は金銭を受け取ると、タクシー扱いになって違法になるんだよね。
俺、二種持ってないからさー。
二種とは人を乗せるために必要な免許です。
実は、定員に関わらず金銭の受け渡しで、二種になることがあるそうです!
というかお兄さん真面目か!笑
誰にもバレないじゃん!
と、心の中でツッコミながら、逆にこんなに真面目なお兄さんがよく素性のわからない私に声をかけたなとつくづく思うのでした。

仙台に到着

2時間半後・・・

130Km先の、仙台駅に到着しました!

 

いや、文明の利器って凄い!

 

永平寺を出発して、19日間。

もちろんその中で車に乗せてもらったこともあります。

しかし、数キロ先で常におろしてもらいました。

それがここにきて2時間半で130kmも移動するわけです。

130kmと言えば、歩いて4日間かかる距離です。笑

時間の感覚と進むスピードに脳内が追いついていきません!笑

なぜ今まで頑張って歩いてきたのだと疑うレベルです。

15歳の男の子が行先もわからぬまま盗んだバイクで走り出してしまうくらいの衝撃です。

例えがわかりづらいですが、数時間でこれだけの距離を進んだことに、もはや体全体がショック反応を起こしていました。

頑張って歩いて帰ってねー!
颯爽と私と旅した、中型トラックは去って行きました。
改めて・・・
「お兄さん!内緒にと言われていたのにブログに書いてしまってすみません!」
もう時効かなと、思い綴ってしまいましたが、よもや特定されることはあるまい。
だけれども、このお兄さんに声をかけられていなかったら、本当にどうなっていたわかりません。
いきなりのルート変更になり読者の皆さんも驚かれているかもしれませんが、こうしてまた奇跡的なご縁の中、ついに宮城県に突入し、残り200kmの道のりを歩くのでした。
続く

次回予告

今回のエピソードはお兄さんとの約束が故に、本邦初公開の話です。

自分の中では全ての道のりを歩き続けられなかったという悔いもありますが、これから奥羽山脈に差し掛かるところで野宿続きだったので、一番懸念していたリスクを回避できたことになります。

次回は、宮城県と福島県の県境、東日本大震災で甚大な被害を被った山元町の普門寺というお寺から出発するお話になります。

ここのお寺はエピソードが濃すぎて、全部は語りきれませんが、次回またお伝えしたいと思います。

「vol.32 突然のルート変更」をご覧いただきありがとうございました(^^)

続きはこちら↓

おすすめの記事