HIPHOP仏教チャンネルのその後!

どうもしんこうです!

以前もお知らせしたように、私は禅活ちゃんねるのサブチャンネルとして
HIP-HOPカルチャー×仏教をテーマとしたYouTubeチャンネル
「禅活しんこうのHIPHOP仏教」を開設、運営してきました。

今年の4月には収益化することもでき、運営自体を禅活とは分け、
「僧侶しんこうのHIPHOP仏教」とチャンネル名を改めました。

禅活とは分け、と言っておいてなんですが、
今回はこのチャンネルと活動の近況を報告させていただきます。

登録者2000名突破!!

さて、まずは直近の出来事はこちら。

チャンネル登録者数2000名突破!

禅活チャンネルが2000名を突破したのが開設後役1年2ヶ月だったのに対し、
こちらは1年5ヶ月ほどかかりましたが、週一回の更新にしては早い方かもしれません。

いずれにせよ、HIPHOP×仏教というジャンルとしては非常にマイナーな私の発信を
こうして受け取ってくださる方が2000人以上いらっしゃると思うとありがたい限りです。

収益化後の変化

また、冒頭でお伝えしたように、今年の4月にはなんとかチャンネルを収益化することができました。

YouTubeのチャンネルを収益化するには
・チャンネル登録者1000人以上
・直近365日間で4000時間以上の再生
という条件が必要になります。

更新頻度が少なく動画一本あたりの尺も短いこのチャンネルでは、
この4000時間という条件がなかなか満たせず苦労しました。

そして、「YouTubeって儲かるの?」というよくある質問にお答えすることも兼ねてご報告すると、
私のチャンネルでは現在月¥1000程度の収益となっています。

たぶん、メルカリの方がずっと楽です。

しかし、私はどうしてもこのチャンネルで収益を増やしたい理由があります。

YouTubeで稼ぐ意義

私は、禅活ちゃんねるも含めて、自分の信仰する仏教界や
大切にしているHIPHOPカルチャーに対して何かを還元できる活動をしたいと考えています。

特に、お坊さんでもラッパーでもダンサーでも、
その道を信じて生き、活動している方々を支えたいのです。

そしてそのお金は、自分の活動から生まれたものでありたいという願いがあります。

お寺からの給料から出しても金額は同じかもしれません。

しかし、HIPHOPと仏教のどちらの世界も盛り上げたいと思っている私が、
動画を撮影し編集し、投稿したことで生まれたお金にこそ、
巡らせる意味があるような気がしてなりません。

自分の投稿と、それを見てくださる視聴者さんは、まさに布施の関係だと私は思っています。

グッときたラッパーや僧侶の皆様の活動を支えらるような、そんな活動になった最高ですね。

ラッパーの方々からのリアクション

そして、このチャンネルをやってみて気づいたのが、
HIPHOPの世界はとにかくアーティストとの距離が近い、ということです。

投稿した動画をTwitterでシェアすると、とにかくご本人がリアクションしてくださる方が多いです。

コメントをつけてリツイートしてくださる方や、時にはDMをくださる方までいらっしゃいました。

そして驚いたのは、大人気のHIPHOPグループ、梅田サイファーのILL SWAG GAGAさんから、
新曲をぜひ取り上げて欲しいという旨のDMが届いたことです。

そしてそこから、曲の制作や生い立ちについてお聞きするインタビュー企画が誕生しました。

チャンネル開設当初、私は仏教的に曲を解釈するという内容が、
アーティストからすれば不快に感じることもあるのではないかと思っていました。

しかし、GAGAさんを含め様々なラッパーの方が、
「自分の曲を別の視点で解釈してくれておもしろい」とおっしゃってくださり、
私の予測ははいい意味で外れました。

そして私の発信や法話なども、人それぞれの受け止め方や解釈があり、
そこにこそ広がりが生まれていくことに気づかされました。

 

今後の展望

今後は、現在69回を数える企画「僧侶がグッときた言葉」と、
HIPHOPカルチャーに携わる方や僧侶との対談動画を軸に、更新を続けていきます。

そして、これまで仏教やHIPHOPカルチャーに触れる機会のなかった方に、
その精神性が届くように、発信を続けていきます。

こっそりグッズなども作っていますので、ご興味ある方はぜひご覧ください!

それではこれからもこの活動をよろしくお願いいたします!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事